業界内で果たす役割と今後

業界内で果たす役割と今後

業界内で果たす役割と今後 厳しい状況が長らく続いているといって良い建築業界ですが、大きな災害からの復興やオリンピックのような大規模イベントなど、そのときどきに必ず必要とされるのが建築設計という仕事です。
ときには決意の再出発を、あるときは将来への夢を、形として目に見えるものにする作業と言い換えることもできるでしょう。
また、特に大きなイベントなどがない時代にあっても、人間の営みと建築とは切っても切れない非常に密接な関係にあり、建築は常に人々の生活と結び付きそれを支えてきました。
人類が住居を構えたときから今日まで、建築設計は単に建物を、街をデザインするというだけではなく、快適な暮らしとより良い環境空間を作り上げることをメインテーマにしてきました。
時代のニーズに応えながら、建築設計そのものも少しずつその形を変えつつ今に至っています。
今後も広く世の中に新しい生活の場とスタイルを提案し続ける仕事のひとつと言うことができるでしょう。

多くが建築士の資格を保有

多くが建築士の資格を保有 設計事務所に就職して建築設計の仕事に携わりたい場合には一生懸命勉強しなければなりませんが、設計業務を行うためには必ずしも特別な要件が要る訳ではないのでこの点は注意する必要があります。
但し建築設計事務所に建築士として勤務するためには建築士の資格がいるので、この違いについては予めよく確認することが大切です。
ただ建築士になるには当然国家試験に合格しなければなりませんが、大学や高校、専門学校に通って所定の単位を取得だけでは受験することは出来ず卒業後建築関連の業務を行う企業などで最低2年間実務経験を積む必要があります。
そのため学校で勉強して単位を取得しても実務経験がないと受験出来ないのですが、学歴に関係なく建築関連事務所に7年以上勤務すれば二級建築士の資格を得ることができます。
しかし一級建築士の試験を受けるためには要件がもっと厳しくなる上に試験もとても難しいので、この点はよく理解しておいた方が良いです。

新着情報

◎2019/4/19

建築設計を学ぶ社会人
の情報を更新しました。

◎2019/3/6

建築学校入学に必要な費用
の情報を更新しました。

◎2019/1/10

業界内で果たす役割と今後
の情報を更新しました。

◎2018/11/6

建築設計の学校で勉強
の情報を更新しました。

◎2018/8/3

建築学校の知識をフル活用
の情報を更新しました。

◎2018/6/15

サイト公開しました

「建築 役割」
に関連するツイート
Twitter